ざわちん母は表舞台へ 芸能界の新潮流「日比ハーフ」の勢い

公開日: 更新日:

「ものまねメーク」でブレーク中のざわちん(22)が10日、マスクなしの状態でフィリピン人の母親、“ママちん”こと小澤アロナさん(44)とフィリピン政府観光省主催のイベントに登場。親子初共演を果たした。

 イベント初登場のママちんだが、よく稼ぐ娘に目を細めて「世界で一番ラッキーな母親。産んで良かった」と大喜び。

「今後も(事務所の)OKが出れば出ます」と自身の芸能界本格参戦にも前向きだった。ざわちんいわく、「ママはいろいろ(ものまねメーク)できる要素がある。レディー・ガガ、マライア・キャリー、ビクトリア・ベッカムとか」だそうで、「親子ものまねメーク」実現の日も遠くなさそうだ。

 ざわちんは現在、多忙のため都内の仮住まいでママちんと同居中。実家は群馬県太田市で、3歳から6歳までは祖父母のいるフィリピンで過ごしていた。つい最近までマスクで目元以外を隠していたが、フィリピン人の母と日本人の父を持つハーフであることは隠そうとしない。イベントの最後には「もっとフィリピンをPRしていきたい。観光大使にしてください!」と猛アピールしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る