ざわちん母は表舞台へ 芸能界の新潮流「日比ハーフ」の勢い

公開日:  更新日:

「ものまねメーク」でブレーク中のざわちん(22)が10日、マスクなしの状態でフィリピン人の母親、“ママちん”こと小澤アロナさん(44)とフィリピン政府観光省主催のイベントに登場。親子初共演を果たした。

 イベント初登場のママちんだが、よく稼ぐ娘に目を細めて「世界で一番ラッキーな母親。産んで良かった」と大喜び。

「今後も(事務所の)OKが出れば出ます」と自身の芸能界本格参戦にも前向きだった。ざわちんいわく、「ママはいろいろ(ものまねメーク)できる要素がある。レディー・ガガ、マライア・キャリー、ビクトリア・ベッカムとか」だそうで、「親子ものまねメーク」実現の日も遠くなさそうだ。

 ざわちんは現在、多忙のため都内の仮住まいでママちんと同居中。実家は群馬県太田市で、3歳から6歳までは祖父母のいるフィリピンで過ごしていた。つい最近までマスクで目元以外を隠していたが、フィリピン人の母と日本人の父を持つハーフであることは隠そうとしない。イベントの最後には「もっとフィリピンをPRしていきたい。観光大使にしてください!」と猛アピールしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る