法廷で“迫真の号泣”も…煮ても焼いても食えないローラ父親

公開日:  更新日:

 東京都多摩市と大手保険会社2社から合わせて海外療養費約167万円をだまし取ったとして逮捕・起訴されたバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アルの公判が1月30日、東京地裁で開かれた。公判で検察側は「手口は計画的かつ巧妙。被害金額は高額」として、懲役2年6月を求刑したが、この日の公判では終始、ジュリップの“演技派”ぶりが際立っていたという。

「12月の初公判ではまだ勾留されていたので、スエットにサンダル姿で髪はボサボサ。ところが、30日の公判の4日前に保釈されたこともあってか、髪の毛をしっかりカットし、小ぎれいなスーツにネクタイ、革靴姿で出廷していた」(傍聴した記者)

 まずは外見を整えて心証を良くしようと努めたのか、証言台でのアクションもなかなかだったとか。

「顔の前で腕を組んでうなだれ、逮捕当初犯行を認めなかった理由を聞かれると、『子供たちの将来を考えると、恥ずかしくて言えませんでした』と号泣。そのほか、裁判官、検察側、そして傍聴席に日本語で『すいません』『申し訳ありませんでした』など何度も深々と頭を下げていた。97日間の拘置所生活を振り返り、『生まれ変わった』などとしきりと改心を強調していた」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る