法廷で“迫真の号泣”も…煮ても焼いても食えないローラ父親

公開日:  更新日:

 東京都多摩市と大手保険会社2社から合わせて海外療養費約167万円をだまし取ったとして逮捕・起訴されたバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アルの公判が1月30日、東京地裁で開かれた。公判で検察側は「手口は計画的かつ巧妙。被害金額は高額」として、懲役2年6月を求刑したが、この日の公判では終始、ジュリップの“演技派”ぶりが際立っていたという。

「12月の初公判ではまだ勾留されていたので、スエットにサンダル姿で髪はボサボサ。ところが、30日の公判の4日前に保釈されたこともあってか、髪の毛をしっかりカットし、小ぎれいなスーツにネクタイ、革靴姿で出廷していた」(傍聴した記者)

 まずは外見を整えて心証を良くしようと努めたのか、証言台でのアクションもなかなかだったとか。

「顔の前で腕を組んでうなだれ、逮捕当初犯行を認めなかった理由を聞かれると、『子供たちの将来を考えると、恥ずかしくて言えませんでした』と号泣。そのほか、裁判官、検察側、そして傍聴席に日本語で『すいません』『申し訳ありませんでした』など何度も深々と頭を下げていた。97日間の拘置所生活を振り返り、『生まれ変わった』などとしきりと改心を強調していた」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る