日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球は亀梨、サッカーは手越…ジャニーズ「東京五輪」の野望

 ジャニーズ事務所のアイドルグループ・Sexy Zoneが、8月22日から開催される「FIVBワールドカップ バレーボール2015」(フジテレビ系で中継)の大会スペシャルナビゲーターに任命されて話題だ。

 同グループは11年、大会を中継するフジの「スペシャルサポーター」に起用されCDデビューしたが、今回は、国際バレーボール連盟(FIVB)と大会組織委員会から正式に任命されたのだ。

「ジャニーズのグループといえば、同局の『春高バレー』のテーマ曲でおなじみだったが、今回はFIVBの“公認”だけにレベルが違う。同グループのメンバーの佐藤勝利はジャニー喜多川社長がかなり目をかけているため、公認獲得に向けてかなりの“ロビー活動”をしたようです」(専門誌記者)

 喜多川社長といえば、今年1月に朝日新聞に掲載されたインタビューで、「海外の選手たちが競技を終え、のんびりする夜の時間帯、日本の雰囲気を味わってもらうおもてなしが必要。芸能界で盛り上げていくことはできると思う」と20年開催の東京五輪に言及。大きな関心を寄せていることがうかがえるが、今後はバレーボール以外の各競技団体にも食い込んでいきそうだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事