• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャニーズ女帝が「SMAPは踊れない」と言った意味と重み

「SMAPは踊れないじゃない」

 先週の「週刊文春」に掲載されたジャニーズ事務所・メリー喜多川副社長の独占告白。衝撃的な話が続いたなか、ちょっと気になったのがこの言葉。“嵐”との共演がない理由として、他の子と比べたらSMAPは「踊れない」という意味だが、副社長、じかの言葉だけに重みがある。

「所属タレントを稽古場ならともかく、公の場でここまで言う幹部はあまり聞かない。ある意味、これがメリーさんの凄さだとは思います」と業界関係者はいう。

 ジャニーズ事務所は歌って踊れるグループの育成を主目的としてきた。その意味ではSMAPは落ちこぼれだったかもしれない。デビューした90年代は「アイドル氷河期」といわれ、アイドルが出る番組は減っていた。そこで初のレギュラー番組に起用されたSMAPは、アイドルとしては異例のコントなどをして人気を博し、知名度を上げた。メンバーも自覚したかのようにその後はバラエティーや司会、役者に重心を移して活動。今日のトップアイドルとしての地位を築いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  4. 4

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  7. 7

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  8. 8

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  9. 9

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る