ジャニーズ女帝が「SMAPは踊れない」と言った意味と重み

公開日: 更新日:

「SMAPは踊れないじゃない」

 先週の「週刊文春」に掲載されたジャニーズ事務所・メリー喜多川副社長の独占告白。衝撃的な話が続いたなか、ちょっと気になったのがこの言葉。“嵐”との共演がない理由として、他の子と比べたらSMAPは「踊れない」という意味だが、副社長、じかの言葉だけに重みがある。

「所属タレントを稽古場ならともかく、公の場でここまで言う幹部はあまり聞かない。ある意味、これがメリーさんの凄さだとは思います」と業界関係者はいう。

 ジャニーズ事務所は歌って踊れるグループの育成を主目的としてきた。その意味ではSMAPは落ちこぼれだったかもしれない。デビューした90年代は「アイドル氷河期」といわれ、アイドルが出る番組は減っていた。そこで初のレギュラー番組に起用されたSMAPは、アイドルとしては異例のコントなどをして人気を博し、知名度を上げた。メンバーも自覚したかのようにその後はバラエティーや司会、役者に重心を移して活動。今日のトップアイドルとしての地位を築いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  4. 4

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る