「不良番長」内藤誠監督が語る俳優・梅宮辰夫との濃密な現場

公開日: 更新日:

 当時すでに、年間5本くらい主演していたスターでしたが、新人監督である僕の演出にも、「そうか、分かった」と一切口を挟むことなく、やってくれるんです。それが、どれほどありがたかったか。

「不良番長」はヒットシリーズですが、鶴田さんや健さん主演の作品と同時公開で、添え物とかB面映画という呼ばれ方もしていた。そういうこともあって、何か新しいこと、他の日本映画にはないことをやらなければ、生き残れないと思っていたんです。それで、仏ヌーベルバーグの影響を受けた世代ということもありますが、アドリブも含め、台本に細かく書きこんでいたら、それを見た辰ちゃん、「そんなに真面目に考えてたのか」って。「当たり前だろ」って言いましたよ。

 辰ちゃんはスターでありながら、銀幕にそれほど憧れていたわけではなく、学生時代に東映の人にスカウトされ、映画界に入ったんです。もともとは戸越で開業医だった父親のあとを継いで医者を目指していたそうで。しかし、医学部に入れず、日大法学部の学生のときに映画の道に進むと決めたときも父親から反対されて、まず1年だけという期限付きだったとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る