デビューほやほやの榊原郁恵に森繁久弥が授けた“金言”

公開日: 更新日:

 榊原郁恵さん(55)が、あの俳優・森繁久弥さん(享年96)からもらったサイン色紙には、先達の教えが添えられていた。それは時が経てば経つほど重みを増す、人生訓ならぬ“芸能訓”だった。デビュー39年目を迎えた今でも、その金言がマルチタレントとして活躍中の榊原さんを支えている。

 1976年の「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリに輝いた榊原さんがデビューしたのは、翌年1月1日。

「デビューして半年ぐらいの時に、テレビ朝日(当時はNET)系列の『だいこんの花』というシリーズ物のドラマに、出させていただいたんです。牟田悌三さんと春川ますみさんが夫婦で営む酒屋さんの一人娘役。私が出たのは第5シリーズで、17歳の時でした。森繁久弥さん、竹脇無我さん、加藤治子さん、いしだあゆみさん、松山英太郎さん……。そうそうたるメンバーでしたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る