日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デビューほやほやの榊原郁恵に森繁久弥が授けた“金言”

 榊原郁恵さん(55)が、あの俳優・森繁久弥さん(享年96)からもらったサイン色紙には、先達の教えが添えられていた。それは時が経てば経つほど重みを増す、人生訓ならぬ“芸能訓”だった。デビュー39年目を迎えた今でも、その金言がマルチタレントとして活躍中の榊原さんを支えている。

 1976年の「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリに輝いた榊原さんがデビューしたのは、翌年1月1日。

「デビューして半年ぐらいの時に、テレビ朝日(当時はNET)系列の『だいこんの花』というシリーズ物のドラマに、出させていただいたんです。牟田悌三さんと春川ますみさんが夫婦で営む酒屋さんの一人娘役。私が出たのは第5シリーズで、17歳の時でした。森繁久弥さん、竹脇無我さん、加藤治子さん、いしだあゆみさん、松山英太郎さん……。そうそうたるメンバーでしたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事