「不良番長」内藤誠監督が語る俳優・梅宮辰夫との濃密な現場

公開日: 更新日:

「俳優で世話になったのはなんといっても辰ちゃん」と梅宮辰夫(77)を挙げたのは、東映「不良番長」シリーズなどで知られる内藤誠監督(79)。梅宮は東映ニューフェイス5期生で、同シリーズは梅宮の代表作である。

 主演俳優と監督として、初めて辰ちゃんと現場をともにしたのは映画「不良番長 送り狼」(1969年)です。

 僕は東映の社員で、助監督上がり。劇場公開作品のメガホンは初めてで、意気込むといいますか、とても緊張していたんですが、辰ちゃんは「よぉ!」と現場入りから気さくに、肩ひじ張らずに接してくれました。

 監督と俳優というのは、現場では他のスタッフや俳優がいて、一線が引かれている。ところが辰ちゃんは、僕を助監督時代から知っていてくれたこともあって、そういうところを簡単に飛び越えてくれたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  3. 3

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  7. 7

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  8. 8

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

  9. 9

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  10. 10

    2020日本S痛恨の“配球ミス” 菅野&大城と巨人ベンチに疑問

もっと見る