「不良番長」内藤誠監督が語る俳優・梅宮辰夫との濃密な現場

公開日: 更新日:

「俳優で世話になったのはなんといっても辰ちゃん」と梅宮辰夫(77)を挙げたのは、東映「不良番長」シリーズなどで知られる内藤誠監督(79)。梅宮は東映ニューフェイス5期生で、同シリーズは梅宮の代表作である。

 主演俳優と監督として、初めて辰ちゃんと現場をともにしたのは映画「不良番長 送り狼」(1969年)です。

 僕は東映の社員で、助監督上がり。劇場公開作品のメガホンは初めてで、意気込むといいますか、とても緊張していたんですが、辰ちゃんは「よぉ!」と現場入りから気さくに、肩ひじ張らずに接してくれました。

 監督と俳優というのは、現場では他のスタッフや俳優がいて、一線が引かれている。ところが辰ちゃんは、僕を助監督時代から知っていてくれたこともあって、そういうところを簡単に飛び越えてくれたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  8. 8

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  9. 9

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  10. 10

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る