日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「筆が速い僕に依頼が…」喜多條忠氏が語る名曲「神田川」秘話

 秋元順子の「愛鍵」、鳥羽一郎の「しぐれ旅」で昨年暮れの日本レコード大賞作詩賞を受賞、日本作詩家協会会長でもある作詞家、喜多條忠さん(67)の出世作は、70年代のフォークを代表するミリオンセラー、かぐや姫の「神田川」(73年9月)。作詞を依頼したのはリーダーの南こうせつ(66)だが、そこには隠された秘話が……。

「今日、締め切りなんですけど、何か一曲書いて下さい」

 73年の初夏、(南)こうせつが突然、こう言って作詞を依頼してきたんです。「明日がレコーディングで、スタジオも押さえてある」って。

 彼はフォークグループ「かぐや姫」のリーダーで、アルバム「かぐや姫さあど」を制作中。ボクは前夜、徹夜して寝不足だったけど、引き受けました。

 とはいっても、作詞の経験があったわけではなかった。ボクは早稲田大学中退の文化放送専属放送作家で、こうせつがキャンペーンに来た時に知り合ったんです。1学年下のこうせつとは妙にウマが合いそうな気がしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事