• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

水谷豊も不機嫌…最終回バッシングの嵐で4代目「相棒」白紙に

 まさか、ここまでバッシングされるとはテレビ朝日も驚いているのではないだろうか。

 3代目・相棒の成宮寛貴が卒業する「相棒シーズン13」がついに最終回を迎えた。注目された視聴率は20.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と文句のつけようのない結果だった。

「シーズン13の平均視聴率が17.4%。今シーズンの20%超えは実は初めてなんです。特に犯人が分かるラスト近くの分計は視聴率25%超えを叩き出した。最終回がいかに関心を集めたかが分かります」(関係者)

 ところが放送を終えてみると長年の「相棒」ファンから称賛どころか“がっかり”“つまらない”の大合唱が沸き起こったのだ。

 相棒の甲斐巡査部長(成宮)は右京警部(水谷豊)からスカウトという形で特命係に配属されタッグを組み、数々の難事件を解決してきた。最初は反発していた甲斐も右京の天才的ひらめきと行動力に心酔し、警察官として成長していく姿が描かれるなど、これまでの相棒シリーズとは一線を画す構成だった。ところが最終回はこの2年半の間に暴力団や犯罪者たちを次々と独自の正義感で制裁する「ダークナイト」と呼ばれる人物が甲斐だったと判明。しかも、甲斐の逮捕で上司である右京は「無期限停職処分」に……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る