「テルマエ」に完敗 「相棒」に求められた岸部一徳の“存在感”

公開日: 更新日:

Wスコアでノックアウト

 水谷豊主演の映画「相棒 劇場版III」は、公開2週間で動員100万人を突破。とはいえ、かつての勢いは完全に失っている。10年公開の前作は約1週間で100万人を超えていた。

「相棒IIIと同日公開の阿部寛主演『テルマエ・ロマエII』は、2週間でほぼ200万人なので、ダブルスコアの完敗です。テレビ朝日開局55周年の記念作品としては物足りない数字で、上層部も落胆しています」(テレビ朝日関係者)

 ドラマの放送開始から、もう14年。そろそろブレーキがかかってもおかしくないが、それだけじゃなさそうだ。

「3作目で気合も入っているのでしょうが、相棒IIIは妙に映画を意識しすぎているのも、むしろ逆効果でしょう。今回は孤島をテーマにした史上最大のスケールなんていわれていますが、そもそも相棒のコアな視聴者は中高年女性で、スケールとかアクション、荒唐無稽な設定とか、そんなものは求めちゃいない。相棒というタイトル通り、人間ドラマを見たいんだと思いますよ」(前出のテレ朝関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る