• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「テルマエ」に完敗 「相棒」に求められた岸部一徳の“存在感”

Wスコアでノックアウト

 水谷豊主演の映画「相棒 劇場版III」は、公開2週間で動員100万人を突破。とはいえ、かつての勢いは完全に失っている。10年公開の前作は約1週間で100万人を超えていた。

「相棒IIIと同日公開の阿部寛主演『テルマエ・ロマエII』は、2週間でほぼ200万人なので、ダブルスコアの完敗です。テレビ朝日開局55周年の記念作品としては物足りない数字で、上層部も落胆しています」(テレビ朝日関係者)

 ドラマの放送開始から、もう14年。そろそろブレーキがかかってもおかしくないが、それだけじゃなさそうだ。

「3作目で気合も入っているのでしょうが、相棒IIIは妙に映画を意識しすぎているのも、むしろ逆効果でしょう。今回は孤島をテーマにした史上最大のスケールなんていわれていますが、そもそも相棒のコアな視聴者は中高年女性で、スケールとかアクション、荒唐無稽な設定とか、そんなものは求めちゃいない。相棒というタイトル通り、人間ドラマを見たいんだと思いますよ」(前出のテレ朝関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る