スザンヌ&斉藤和巳の離婚原因 「産後クライシス」どう防ぐ?

公開日:  更新日:

 スザンヌ(28)と斉藤和巳(37)の離婚でにわかに注目されているのが「産後クライシス」だ。

 スザンヌは昨年1月に男児を出産、育児に励んできた。今月18日の離婚会見では「子供が生まれて優先順位が変わり、子供のことでいっぱいになってしまった」と明かしている。斉藤とプロゴルファー・上田桃子(28)とのウワサも影響したかもしれないが、子育てで夫とすれ違いになったのは間違いない。

 産後クライシスは出産後、夫が子育てを妻に任せっぱなしにし、妻をイライラさせて夫婦仲が悪化する現象。子供が夜泣きをしてもあやそうとせず、育児と家事に忙殺される妻を尻目にテレビを見てバカ笑い。オムツ交換も手伝わず、面倒を見てくれない妻に「おまえ変わったな」と文句を垂れる─―。こうして妻が苛立ちを募らせ、離婚に突き進んでしまうのだ。

「東京家族ラボ」主宰の池内ひろ美氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る