スザンヌも愛想を尽かした元夫・斉藤和巳“福岡の種馬”伝説

公開日: 更新日:

「大好きだったけど、それだけじゃ上手くいかないってことを学んだ結婚生活。勉強になりましたし、成長させてもらった気がしてます」――。

 元ソフトバンク投手で現在は野球解説者の斉藤和巳(37)と離婚したスザンヌ(28)が22日、自身のブログを更新。離婚後の心境をこうつづっている。今後は1歳の子を連れてシングルマザーになり、“ママタレ”として活動予定だが、育児に奔走するスザンヌが許せなかったのが斉藤の女性問題だろう。

 不倫相手と報じられた女子プロゴルファーの上田桃子(28)との関係については離婚会見で「なかったと信じたい」と気丈に語っていたが、「斉藤のオンナ関係は上田だけじゃない」と話すのは福岡の地元関係者だ。

■サラブレッドのような筋肉美

「最初の奥さんは競艇選手の娘で、和巳よりも6歳年上の姉さん女房。球団コーチの紹介で知り合い01年に入籍しました。しかし、和巳は成績と年俸が上がるにつれて遊び方や女性関係も派手になるばかり。家庭を顧みることなく、結果的に離婚するのですが、子供もいたので慰謝料や養育費で揉めてかなりの修羅場があったそうです。その後、独身に戻ってからは地元はもちろん遠征先やキャンプ地の宮崎でも遊びまくり、ついたあだ名が“福岡の種馬”。実際、脱ぐと無駄な脂肪がぜんぜんなくて、サラブレッドのようなほれぼれする筋肉美の持ち主。よほど自信があるのか下半身アップの写真をホステスにメールで送ったこともあったとか。そしたら店の中で転送されまくったそうですが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る