アッコも苦言…三村マサカズは“過激ツイート”で芸風の危機

公開日:  更新日:

 さまぁ~ずの三村マサカズのツイッターでの発言が、このところ立て続けに物議を醸している。9日には「お金儲けの為に仕事したらだめ」とテレ朝批判とも取れる“誤打ツイート”、先月にも「某テレビ局。企画重視、そのあとタレント」「テレビなんて媒体は元々二流」などと、テレビ局批判とも取れる発言をツイートし、波紋を呼んだ。

 芸人の世界では「話題になってナンボ」という面はあるが、三村の度重なるツイートでの発言には、周囲から「もうツイートやめて」の大合唱が巻き起こっている。三村は最近だけでも、「鑑別所、少年院がえりは勲章になっちゃう」(川崎中1殺害事件に対して3月16日)、「セクハラではない、おさわり」(グラドルへの胸揉み事件に対して3月29日)といったツイートを連発。

 4日にはフォロワーからも「これ以上嫌いになりたくないからTwitter辞めて」などとコメントされ、「そんなこといわれたらやめようかな」とツイートしたものの、半日後には「やめるのやめた!」と撤回宣言。ついに、誤打ツイート翌日の10日には、事務所の大先輩・和田アキ子から「お前はいろいろ問題あるから、ツイッターを止めろ」と命じられたが、12日には「でも、止めなかったりして!」とツイートし、ゴッドマザーの指示を拒否してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る