アッコも苦言…三村マサカズは“過激ツイート”で芸風の危機

公開日: 更新日:

 さまぁ~ずの三村マサカズのツイッターでの発言が、このところ立て続けに物議を醸している。9日には「お金儲けの為に仕事したらだめ」とテレ朝批判とも取れる“誤打ツイート”、先月にも「某テレビ局。企画重視、そのあとタレント」「テレビなんて媒体は元々二流」などと、テレビ局批判とも取れる発言をツイートし、波紋を呼んだ。

 芸人の世界では「話題になってナンボ」という面はあるが、三村の度重なるツイートでの発言には、周囲から「もうツイートやめて」の大合唱が巻き起こっている。三村は最近だけでも、「鑑別所、少年院がえりは勲章になっちゃう」(川崎中1殺害事件に対して3月16日)、「セクハラではない、おさわり」(グラドルへの胸揉み事件に対して3月29日)といったツイートを連発。

 4日にはフォロワーからも「これ以上嫌いになりたくないからTwitter辞めて」などとコメントされ、「そんなこといわれたらやめようかな」とツイートしたものの、半日後には「やめるのやめた!」と撤回宣言。ついに、誤打ツイート翌日の10日には、事務所の大先輩・和田アキ子から「お前はいろいろ問題あるから、ツイッターを止めろ」と命じられたが、12日には「でも、止めなかったりして!」とツイートし、ゴッドマザーの指示を拒否してしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  3. 3

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  7. 7

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  8. 8

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  9. 9

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  10. 10

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

もっと見る