“孤高のギタリスト”ソンコ・マージュさん ブレーク拒む理由

公開日: 更新日:

 セゴビア、ユパンキと2人の世界的なギター奏者に学び、五木寛之、野坂昭如、村上龍、立松和平らの作家から高く評価されたギタリストにしてフォルクローレ奏者のソンコ・マージュさん(80)。それでいてマスコミに登場する機会は少なく、“孤高”というイメージが強い。今どうしているのか。

「取材される前に、ボクには長~い歴史があるから、まずそれを知ってて欲しいんだ」

 西荻窪の自宅で会ったソンコ・マージュさん、こう言って1973年10月30日号の週刊プレイボーイを広げた。

沢田研二、岡林信康と並んで注目のミュージシャンとして取り上げられてるだろう。でも、ボクの音楽は哲学だし、一過性のものじゃないから、歌謡曲やフォークと一緒にして欲しくなかった。で、編集長にボクを扱うのはこれっきりにしてくれって言ったら、“もったいない”ってたまげてたよ。まあ、ボクも若かったんだねえ。最近じゃ昔からボクを知ってるのは五木寛之さんぐらいなもんかな。40年以上の付き合いになる。その頃からいずれ世界的なギタリストになる、とエッセーなんかに書いてくれたけど、ご覧のように頭はハゲても、世界的になったかどうかは、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    “私人”昭恵氏の夫人付き職員問題 今も3人が「専任」の仰天

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る