“孤高のギタリスト”ソンコ・マージュさん ブレーク拒む理由

公開日:  更新日:

 セゴビア、ユパンキと2人の世界的なギター奏者に学び、五木寛之、野坂昭如、村上龍、立松和平らの作家から高く評価されたギタリストにしてフォルクローレ奏者のソンコ・マージュさん(80)。それでいてマスコミに登場する機会は少なく、“孤高”というイメージが強い。今どうしているのか。

「取材される前に、ボクには長~い歴史があるから、まずそれを知ってて欲しいんだ」

 西荻窪の自宅で会ったソンコ・マージュさん、こう言って1973年10月30日号の週刊プレイボーイを広げた。

「沢田研二、岡林信康と並んで注目のミュージシャンとして取り上げられてるだろう。でも、ボクの音楽は哲学だし、一過性のものじゃないから、歌謡曲やフォークと一緒にして欲しくなかった。で、編集長にボクを扱うのはこれっきりにしてくれって言ったら、“もったいない”ってたまげてたよ。まあ、ボクも若かったんだねえ。最近じゃ昔からボクを知ってるのは五木寛之さんぐらいなもんかな。40年以上の付き合いになる。その頃からいずれ世界的なギタリストになる、とエッセーなんかに書いてくれたけど、ご覧のように頭はハゲても、世界的になったかどうかは、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る