元広島水沼四郎さんは居酒屋店主 ”江夏の21球”を解説も

公開日: 更新日:

 今年のプロ野球ペナントレースの最大の話題は黒田博樹投手の広島復帰。シーズン中、黒田の一挙手一投足がスポーツマスコミをにぎわすだろう。ところで、その広島が初の日本一に輝いた1979年の日本シリーズで、球史に残る“江夏の21球”が演じられた際のキャッチャー・水沼四郎さん(68)は、今どうしているのか。

「いいタイミングに来たね。まあ、そこに座りんさい」

 広島市の繁華街・流川にある飲食店ビル5階の居酒屋「カープ100円食堂」を訪ねると、水沼さんが待っていた。

「いやね、この2月14日に鉄板焼きから、ひと皿100円均一の店に業態変更したばかりなんじゃ。店名も『鉄板焼きラウンジ しろう』から変えたんじゃが、まだ知られとらんけん、常連さんも戸惑うとってね。宣伝してもらうにはちょうどええ、いうわけなんじゃ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る