元広島水沼四郎さんは居酒屋店主 ”江夏の21球”を解説も

公開日:  更新日:

 今年のプロ野球ペナントレースの最大の話題は黒田博樹投手の広島復帰。シーズン中、黒田の一挙手一投足がスポーツマスコミをにぎわすだろう。ところで、その広島が初の日本一に輝いた1979年の日本シリーズで、球史に残る“江夏の21球”が演じられた際のキャッチャー・水沼四郎さん(68)は、今どうしているのか。

「いいタイミングに来たね。まあ、そこに座りんさい」

 広島市の繁華街・流川にある飲食店ビル5階の居酒屋「カープ100円食堂」を訪ねると、水沼さんが待っていた。

「いやね、この2月14日に鉄板焼きから、ひと皿100円均一の店に業態変更したばかりなんじゃ。店名も『鉄板焼きラウンジ しろう』から変えたんじゃが、まだ知られとらんけん、常連さんも戸惑うとってね。宣伝してもらうにはちょうどええ、いうわけなんじゃ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る