時代や人物を徹底理解…杏の大車輪を支える“読書と一人酒”

公開日:  更新日:

「ごちそうさん」以後の活躍ぶりを見れば、ナットクの受賞だ。女優の杏(29)が2日、「第52回ギャラクシー賞」贈賞式に出席。NPO法人放送批評懇談会が毎年、放送文化に貢献した個人や団体を顕彰する同賞のテレビ部門個人賞にたったひとり、輝いた。

 ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ、14年4月期)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ、15年1月期)、「クロハ~機捜の女性捜査官~」(テレビ朝日、同2月22日)での演技が評価されてのこと。

「テレビドラマに出させてもらうようになって6、7年で(総勢)30人ぐらいを演じています。いずれも自分であって自分ではない大切な友人のような感覚」と喜びを語った。

「デート――」では恋愛不適合者の理系女子を熱演。司会者から劇中で話題となった“アヒル口”のポーズをおねだりされると、「ここにいる方々がその写真ばかりを使ってしまうんです。なぜかミステリーかマジックみたいなものが働くようで……」と報道陣の考えを見透かした上で、「今月DVDが出ますので、そちらで見てください」と宣伝文句でオチをつけ、会場は笑いの渦に包まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る