日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

時代や人物を徹底理解…杏の大車輪を支える“読書と一人酒”

「ごちそうさん」以後の活躍ぶりを見れば、ナットクの受賞だ。女優の杏(29)が2日、「第52回ギャラクシー賞」贈賞式に出席。NPO法人放送批評懇談会が毎年、放送文化に貢献した個人や団体を顕彰する同賞のテレビ部門個人賞にたったひとり、輝いた。

 ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ、14年4月期)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ、15年1月期)、「クロハ~機捜の女性捜査官~」(テレビ朝日、同2月22日)での演技が評価されてのこと。

「テレビドラマに出させてもらうようになって6、7年で(総勢)30人ぐらいを演じています。いずれも自分であって自分ではない大切な友人のような感覚」と喜びを語った。

「デート――」では恋愛不適合者の理系女子を熱演。司会者から劇中で話題となった“アヒル口”のポーズをおねだりされると、「ここにいる方々がその写真ばかりを使ってしまうんです。なぜかミステリーかマジックみたいなものが働くようで……」と報道陣の考えを見透かした上で、「今月DVDが出ますので、そちらで見てください」と宣伝文句でオチをつけ、会場は笑いの渦に包まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事