時代や人物を徹底理解…杏の大車輪を支える“読書と一人酒”

公開日:  更新日:

「ごちそうさん」以後の活躍ぶりを見れば、ナットクの受賞だ。女優の杏(29)が2日、「第52回ギャラクシー賞」贈賞式に出席。NPO法人放送批評懇談会が毎年、放送文化に貢献した個人や団体を顕彰する同賞のテレビ部門個人賞にたったひとり、輝いた。

 ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ、14年4月期)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジテレビ、15年1月期)、「クロハ~機捜の女性捜査官~」(テレビ朝日、同2月22日)での演技が評価されてのこと。

「テレビドラマに出させてもらうようになって6、7年で(総勢)30人ぐらいを演じています。いずれも自分であって自分ではない大切な友人のような感覚」と喜びを語った。

「デート――」では恋愛不適合者の理系女子を熱演。司会者から劇中で話題となった“アヒル口”のポーズをおねだりされると、「ここにいる方々がその写真ばかりを使ってしまうんです。なぜかミステリーかマジックみたいなものが働くようで……」と報道陣の考えを見透かした上で、「今月DVDが出ますので、そちらで見てください」と宣伝文句でオチをつけ、会場は笑いの渦に包まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る