• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉高由里子の元彼 「エッセー本」バカ売れで出版界が熱視線

 ピース又吉の小説「火花」に次ぐ、新たなタレント本が話題になっている。5月中旬の発売直後に増刷が決まり、すでに累計発行部数は7万部を突破。野田洋次郎(29)のエッセー本「ラリルレ論」(文芸春秋)だ。

 誰それ? と首をかしげるオトーサンが大半だろう。「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」なる男性4人組ロックバンドのメンバーで、13年2月に吉高由里子(26)との熱愛が発覚してからは、音楽ファンならずとも「吉高の男」として注目を浴びてきた。

 全445ページの処女本には著者の恋愛観や死生観、音楽論、世事考察などがつづられている。日記形式で半年間かけて書きため、その1年後にふたたび物事の経過や雑感、補足を織り交ぜるという作り込んだ内容だ。「アルバムを出せば30万枚のセールスを上げる人気バンド。ライブのチケットも即完売状態で、熱狂的かつコアなファンの方が多い」(音楽ライター)とか。本の売り上げもファンの口コミで広がっていったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る