ざわちんが破局の真相告白 束縛厳しく「ものまねメーク」要求

公開日:  更新日:

 ペネロペ・クルスで登場した。27日、ものまねメークタレントのざわちん(22)が「ランコム」の新作マスカラ「グランディオーズ」発売記念イベントに出席。

 少し前まで「交際経験ゼロ」を公言していたざわちんは、昨年12月のテレビ番組で「実はつい最近、彼氏がいた」と報告したばかり。同時にわずか1週間で破局したことも話し、理由を「韓流ドラマが好きで、その主役が理想だった」と語っていたが、この日、“本当の理由”について「束縛がひどかった。連絡が取れなかったり、(自分が)夜遅くなったりすると信じてもらえなかった。私からフリました」と明かした。

 元カレからは「ものまねメーク」を要求されたようで「ミランダ・カー、北川景子さん、小嶋陽菜さんのメークをしてほしいと言われました。特にミランダ・カーを推してましたね」と苦笑い。「ありのままの自分を好きになってほしい」と次なる恋人に向けてアピールしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る