ざわちんが破局の真相告白 束縛厳しく「ものまねメーク」要求

公開日: 更新日:

 ペネロペ・クルスで登場した。27日、ものまねメークタレントのざわちん(22)が「ランコム」の新作マスカラ「グランディオーズ」発売記念イベントに出席。

 少し前まで「交際経験ゼロ」を公言していたざわちんは、昨年12月のテレビ番組で「実はつい最近、彼氏がいた」と報告したばかり。同時にわずか1週間で破局したことも話し、理由を「韓流ドラマが好きで、その主役が理想だった」と語っていたが、この日、“本当の理由”について「束縛がひどかった。連絡が取れなかったり、(自分が)夜遅くなったりすると信じてもらえなかった。私からフリました」と明かした。

 元カレからは「ものまねメーク」を要求されたようで「ミランダ・カー、北川景子さん、小嶋陽菜さんのメークをしてほしいと言われました。特にミランダ・カーを推してましたね」と苦笑い。「ありのままの自分を好きになってほしい」と次なる恋人に向けてアピールしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る