• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ざわちんが破局の真相告白 束縛厳しく「ものまねメーク」要求

 ペネロペ・クルスで登場した。27日、ものまねメークタレントのざわちん(22)が「ランコム」の新作マスカラ「グランディオーズ」発売記念イベントに出席。

 少し前まで「交際経験ゼロ」を公言していたざわちんは、昨年12月のテレビ番組で「実はつい最近、彼氏がいた」と報告したばかり。同時にわずか1週間で破局したことも話し、理由を「韓流ドラマが好きで、その主役が理想だった」と語っていたが、この日、“本当の理由”について「束縛がひどかった。連絡が取れなかったり、(自分が)夜遅くなったりすると信じてもらえなかった。私からフリました」と明かした。

 元カレからは「ものまねメーク」を要求されたようで「ミランダ・カー、北川景子さん、小嶋陽菜さんのメークをしてほしいと言われました。特にミランダ・カーを推してましたね」と苦笑い。「ありのままの自分を好きになってほしい」と次なる恋人に向けてアピールしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る