「誰でもない誰かが…」“詩人”綾野剛のミステリアスな言語感覚

公開日: 更新日:

 奇抜なファッションでも知られる俳優の綾野剛(33)が、今度は「詩人」のような言い回しでミステリアスな世界観を全開した。

 22日、都内で行われた映画「天空の蜂」の完成報告会見に出席した綾野は、テロリストという役柄のイメージに合わせて、シャツの胸元を大きく開けたいでたちで登壇。主演の江口洋介(47)や本木雅弘(49)、仲間由紀恵(35)、堤幸彦監督(59)ら豪華な先輩たちに囲まれ、やや緊張した面持ちでマイクを握った。

 綾野にとって、念願だったという堤作品。登場シーンが少なく撮影は2日間しかなかったことを明かしたが、「現場のライブ感だとかストリート感、パワーみたいなものをとても大事にされる監督」「記録を記憶にしていくということを体感した」と感無量。先輩俳優たちが真剣に演技に取り組む姿を目の当たりにし、「ちょっとでも落ち着こうとしていた自分が馬鹿馬鹿しい」と自省した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  4. 4

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  5. 5

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  6. 6

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  7. 7

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    すわ“お花見解散”か 二階幹事長が「近いうちに選挙」発言

  10. 10

    ファンほど違和感 「まだ結婚できない男」がくすぶる要因

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る