日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

世界が追いついた…スピードワゴン小沢“再ブレーク”の要因

「スピードワゴン」小沢一敬(41)が再ブレークを遂げてバラエティー番組に引っ張りだこだ。最近は「セカオザ」の愛称で呼ばれるが、そのきっかけは、今年1月放送の「アメトーーク」(テレビ朝日系)だった。テーマは「小沢という変人」で、独特な世界観を持つ小沢を特集。

 そこで音楽グループ「SEKAI NO OWARI」の略称「セカオワ」をもじった「セカオザ」の愛称が定着したが、この放送をきっかけにテレビ出演が急増。今月だけでも全国ネットで8番組に出演している。

 その人気はバラエティーの枠を超え、24日には有村架純らが出演しているドラマ「永遠のぼくら seaside blue」(日本テレビ系)に俳優としても出演。しかも、清野菜名(20)と不倫する水族館職員というオイシイ役だから許せない(!)。

「スピードワゴン」は、小沢が発するキザな言葉に対してツッコミの井戸田潤(42)が「あま~い」と返すネタで10年以上前にブレーク。今年で結成17年目で、05年に井戸田が安達祐実(33)とできちゃった結婚したことで井戸田ピンの活動が急増。小沢はその陰に隠れることに……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事