「おやつは砂糖をなめ」…スピードワゴン小沢の“極貧”幼少期

公開日: 更新日:

「あま~い」のフレーズでブレークしたお笑いコンビの個性派は、幼少のころの極貧生活が影響して……。スピードワゴン小沢一敬(40)が語る涙と笑いの貧乏物語――。

■手作りプレゼントを持って行ったら女の子が……

 僕は芸人のころより名古屋に住んでた子供時代が一番貧しかった。お母さんがコートにボタン1個付けたら1円くらいになる内職してて、「おやつ食べたい」と僕が言うと「砂糖なめてなさい」と言われたくらいの貧乏でした。「少年ジャンプ」を友達に借りて、ジャンプの上にわら半紙を置いて透けて見える漫画を書き写し、自分の漫画本にしてました。だからその当時のキン肉マンは体で覚えてます。

 クリスマスに「プレゼントに野球盤かグローブ欲しい」とお母さんに言ったら、翌朝、枕元に粘土が……。「それで欲しい物、作ればいいんじゃない?」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る