実は大金持ちの井戸田潤…地元TVでは人気コメンテーター

公開日: 更新日:

 沖縄はプロ野球キャンプ真っ盛り。そんな中、サトウキビ畑の真ん中にある球場で、精力的に野球の取材をする芸能人がいた。「スピードワゴン」の井戸田潤(41)である。

 水曜コメンテーターを務めている東海ローカル情報番組「ドデスカ!」(メーテレ)で、「イトダスポーツ」というコーナーを持つ井戸田は、中日ドラゴンズのキャンプ取材のために沖縄へ上陸。一軍が練習する北谷だけでなく、二軍がキャンプを張る読谷にまで足を延ばし、テレビクルーを引き連れて二軍調整中の吉見一起、山本昌などにインタビュー。取材の合間には練習を見つめる子供に「エライね~」と声をかけるなど、余裕の表情。選手との信頼関係もかなりのものだ。

 井戸田といえば、05年に結婚したものの4年で離婚した安達祐実(32)の元ダンナというイメージが強く、全国放送では「バツ1未練タラタラ男」としてバラエティー番組に出演することが多い。が、地元・愛知ではリポーターとしても知られた存在だというから意外だ。

「井戸田の父親は、元愛知県小牧市議会副議長の井戸田富隆氏。その七光で、高校卒業後には一度、大手企業に就職するなど、コネを存分に発揮してきた。テレビ番組でも<土地持ち><携帯電話料金を2万だけ親が払っていた>と暴露されるなど、地元ではお坊ちゃまキャラも浸透しているし、もはや芸人というよりは人気コメンテーターです」(名古屋のテレビ関係者)

 レギュラー番組がゼロの相方・小沢とのコンビ格差が拡大中なのは気がかりだろうが、地に足つけた地元志向が功を奏した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ