元メンバー逮捕で話題 「C―C―B」は究極の一発屋だった?

公開日:  更新日:

 1985年のヒット曲「Romanticが止まらない」で知られ、89年に解散したバンドC―C―Bの元メンバー田口智治(54)が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で2日に現行犯逮捕された事件。1月にオリジナルアルバム9枚を再リリースしたり、6月14日から復活ツアーが予定されるなどして、ちょっとした話題になっていた。

「ツアーは55歳のベース・渡辺英樹の大動脈解離によって中止となってしまいましたが、ヒット曲が『Romantic――』しかなく、『一発屋』と呼ばれたバンドがこれだけ長く、忘れられていないというのはどうしてなのか」と、音楽ライターも首をひねるのである。

 元ボクシングフライ級王者の内藤大助が現役時代、入場テーマに使っていたのが「Romantic――」で、バラエティー「SMAP×SMAP」でパロディーになったり、CMやドラマの挿入歌で流されたりしてきたが……。それらで生き永らえてきたとすれば、恐るべき「一発屋」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る