また覚醒剤で逮捕…歌手・桂銀淑の“近況”を関係者が語る

公開日: 更新日:

「ソウル市内の2LDKのマンションで認知症の母親の介護をして、生活に困窮しているとは聞いていたのですが……」

 浜圭介とのデュエット曲「北空港」に「夢おんな」と、日本で数多くのヒット曲を持つ歌手、桂銀淑(53)が25日、覚醒剤使用で韓国検察当局に逮捕された。覚醒剤では、2007年に日本でも逮捕されている。当時は「事務所トラブルなどでうつ病になった時期に、芸能界に出入りする知人に『元気が出るよ』と言って渡されたのがきっかけ」としていたが、今回は何があったのか。桂銀淑と面識のある日本の音楽関係者が冒頭のように言い、こう続けた。

「済州島でディナーショーを開いたりしていたというし、昨年は32年ぶりに母国のステージに立ったというので、また日本でも歌えるよう、打診していたんです。ビザの問題とか、いろいろあっても、彼女のハスキーボイスを心待ちにしているファンはまだ数多くいて、当人もその気だと思っていたものですから。ところが復帰後、高級スポーツカーをめぐる詐欺騒動があったからか、連絡がぷっつりと途絶えてしまった。気難しく、わがままで、仕事がまったくないという状況だという話が入ってきたのが、その後。日本の支援者がソウルにお金を送るなどして、それで何とかやりくりしているという話でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る