• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

また覚醒剤で逮捕…歌手・桂銀淑の“近況”を関係者が語る

「ソウル市内の2LDKのマンションで認知症の母親の介護をして、生活に困窮しているとは聞いていたのですが……」

 浜圭介とのデュエット曲「北空港」に「夢おんな」と、日本で数多くのヒット曲を持つ歌手、桂銀淑(53)が25日、覚醒剤使用で韓国検察当局に逮捕された。覚醒剤では、2007年に日本でも逮捕されている。当時は「事務所トラブルなどでうつ病になった時期に、芸能界に出入りする知人に『元気が出るよ』と言って渡されたのがきっかけ」としていたが、今回は何があったのか。桂銀淑と面識のある日本の音楽関係者が冒頭のように言い、こう続けた。

「済州島でディナーショーを開いたりしていたというし、昨年は32年ぶりに母国のステージに立ったというので、また日本でも歌えるよう、打診していたんです。ビザの問題とか、いろいろあっても、彼女のハスキーボイスを心待ちにしているファンはまだ数多くいて、当人もその気だと思っていたものですから。ところが復帰後、高級スポーツカーをめぐる詐欺騒動があったからか、連絡がぷっつりと途絶えてしまった。気難しく、わがままで、仕事がまったくないという状況だという話が入ってきたのが、その後。日本の支援者がソウルにお金を送るなどして、それで何とかやりくりしているという話でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る