ASKA売人芋づる検挙 狭まる包囲網に怯える“大物アスリート”

公開日:  更新日:

「やっと捕まった」と言うべきだろう。覚醒剤取締法違反などで有罪判決を受けた歌手ASKA(56)に薬物を渡した「売人」が警視庁に逮捕された。捕まったのは指定暴力団山口組弘道会系の元幹部、吉田耕也容疑者(58)。2012年12月~13年1月ごろ、3グラム30万円でASKAに覚醒剤を売った疑いだ。

 吉田容疑者は「ASKAと面識はあったが、覚醒剤などを渡したことはない」と否認。これに対してASKAは「吉田容疑者から年に10回くらい覚醒剤を買った」と話しているという。

 ASKAの事件では昨年8月にも彼にMDMAを売り渡したとして住吉会系傘下の組幹部ら2人が逮捕された。ASKAはこの2人から覚醒剤も買っていた。ASKAルートから芋づる式でドラッグの汚染源が徹底的に洗い出されている。

「当局の狙いはスポーツ界と芸能界にシフトしています」とは、薬物事件に詳しいジャーナリストだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る