早くも人気に陰り? 8.6秒バズーカーの動画視聴回数が激減

公開日: 更新日:

 今年に入って大ブレークした、はまやねん(24)と田中シングル(24)によるお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」の人気に陰りが見え始めている。

 動画投稿サイト「YouTube」に昨年12月24日にアップしたリズムネタ「ラッスンゴレライ」の公式動画は、2840万回以上(7月7日現在)とすさまじい視聴回数を誇っているが、最近投稿された動画はさっぱり。テレビで2人を見る機会も少なくなっている。

 同コンビがYouTubeの公式チャンネルにアップしている動画は現在、約30本。当初は「ラッスン」の大当たりで、別のネタの動画も数十万回以上視聴されたが、次第に視聴回数は減少。ここ1カ月にアップした動画はいずれも1万弱と激減し、1本2000万オーバーを記録した“大物YouTuber”には寂しすぎる数字が続いている。

 人気絶頂のコンビには、思わぬ“逆風”も吹いた。ビートたけし(68)やダウンタウン松本人志(51)らお笑い界の大御所が、ラッスンゴレライを見て「面白くない」と酷評。やがてネット掲示板やSNSでも、<さすがに飽きた><新ネタをやってほしい>といった声が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る