日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

早くも人気に陰り? 8.6秒バズーカーの動画視聴回数が激減

 今年に入って大ブレークした、はまやねん(24)と田中シングル(24)によるお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」の人気に陰りが見え始めている。

 動画投稿サイト「YouTube」に昨年12月24日にアップしたリズムネタ「ラッスンゴレライ」の公式動画は、2840万回以上(7月7日現在)とすさまじい視聴回数を誇っているが、最近投稿された動画はさっぱり。テレビで2人を見る機会も少なくなっている。

 同コンビがYouTubeの公式チャンネルにアップしている動画は現在、約30本。当初は「ラッスン」の大当たりで、別のネタの動画も数十万回以上視聴されたが、次第に視聴回数は減少。ここ1カ月にアップした動画はいずれも1万弱と激減し、1本2000万オーバーを記録した“大物YouTuber”には寂しすぎる数字が続いている。

 人気絶頂のコンビには、思わぬ“逆風”も吹いた。ビートたけし(68)やダウンタウン松本人志(51)らお笑い界の大御所が、ラッスンゴレライを見て「面白くない」と酷評。やがてネット掲示板やSNSでも、<さすがに飽きた><新ネタをやってほしい>といった声が相次いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事