パンイチ芸人「とにかく明るい安村」 だらしない裸体の安心感

公開日: 更新日:

 早くも今年の流行語大賞の候補とさえ言われているのが、ピン芸人「とにかく明るい安村」の「安心してください。はいてますから」。何をはいているかというとブリーフのこと。いわゆるパンツ1丁で芸をする“パンイチ芸人”だが、彼らと違うのは鍛えられていないだらしない肉体を惜しげもなくさらしていることだ。

 ステージに上がると「世の中には動きや角度によって、全裸に見えるポーズがある」と説明し、音楽に乗せて野球ゴルフサッカーなどのスポーツのシーンや、消防士や自衛隊員などの動作を実演する。すると体でブリーフが隠れて見えなくなり、確かに全裸に見える。そこでひと言、「安心してください」と言うのが見る人のツボにハマってしまうのだ。

 2月に行われたピン芸人日本一を決める「R―1ぐらんぷり2015」決勝戦では惜しくもファイナリストの座を逃したが、注目度ではチャンピオンに輝いたじゅんいちダビッドソンを超えていた。それが証拠に、「さんまのまんま」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」「バイキング」などに次々と出演。

「有吉AKB共和国」(TBS系)の中のコーナー「小嶋陽菜大好き祭」に出演した際には、「小嶋陽菜の全裸ポーズ」に挑戦。総選挙、じゃんけん大会、歌っている時のダンスなどのシチュエーションで全裸ポーズを披露し、出演者を大爆笑させた。最終的に「最優秀小嶋陽菜賞」に選ばれ、小嶋も「衝撃を受けた」と大絶賛したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか