「8・6秒」止まらないデマ被害 あの“決めポーズ”まで矛先に

公開日:  更新日:

 コンビ名の「8・6秒」は広島に原爆が投下された8月6日に由来するとか、「ラッスンゴレライ」は米軍が原爆を落とす号令の暗喩である、などとする都市伝説が広まっている問題。ここにきて新たに矛先が向けられているのは、あの“決めポーズ”だ。

 ボケ役はまやねん(23)が両腕をY字に広げ直立、田中シングル(24)は右腕を突き出し左腕を水平に。「8・6秒バズーカーです!」「お願いします!」と言いながら見せるあのポーズが、広島平和記念公園の「原爆の子の像」と長崎の平和公園にある「平和祈念像」に酷似しているというのである。

 ネット上では<さすがに無理がありすぎる><難クセつけてどうしたいんだ>などと懐疑的な意見が相次いでいるが、確かに似ていなくもないため、<彼らはやらされてるだけじゃないのか?>と“黒幕説”まで出てくるありさまだ。

 加えて、“人差し指と中指をそろえたサインが「ピストル」を表現しているのではないか”“ツイッターで最初にこのウワサをつぶやいた人物のアカウントが突然消えた”なんて尾ひれはひれまでつき、都市伝説が都市伝説を呼んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る