「8・6秒」止まらないデマ被害 あの“決めポーズ”まで矛先に

公開日: 更新日:

 コンビ名の「8・6秒」は広島に原爆が投下された8月6日に由来するとか、「ラッスンゴレライ」は米軍が原爆を落とす号令の暗喩である、などとする都市伝説が広まっている問題。ここにきて新たに矛先が向けられているのは、あの“決めポーズ”だ。

 ボケ役はまやねん(23)が両腕をY字に広げ直立、田中シングル(24)は右腕を突き出し左腕を水平に。「8・6秒バズーカーです!」「お願いします!」と言いながら見せるあのポーズが、広島平和記念公園の「原爆の子の像」と長崎の平和公園にある「平和祈念像」に酷似しているというのである。

 ネット上では<さすがに無理がありすぎる><難クセつけてどうしたいんだ>などと懐疑的な意見が相次いでいるが、確かに似ていなくもないため、<彼らはやらされてるだけじゃないのか?>と“黒幕説”まで出てくるありさまだ。

 加えて、“人差し指と中指をそろえたサインが「ピストル」を表現しているのではないか”“ツイッターで最初にこのウワサをつぶやいた人物のアカウントが突然消えた”なんて尾ひれはひれまでつき、都市伝説が都市伝説を呼んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  9. 9

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る