• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

TV露出激減 エレキテル連合の首絞める強気のギャラ交渉

「ダメよ~ダメダメ」で大ブレークし、月間テレビ出演55本、流行語大賞受賞、紅白出演など、一躍、売れっ子芸人の座に上り詰めた日本エレキテル連合。しかし、最近、テレビで見る機会が明らかに減っている。

「彼女たちが評価されたのは“ダメよ~”の朱美ちゃんコントだけではないネタの豊富さもあった。それが証拠にDVDも売れているし、彼女らがアップしているユーチューブの月間動画再生回数は今でも400万回に迫る勢いで、決して人気が衰えたわけではない」(テレビ局関係者)というが、ではなぜ、テレビ出演が減ったのか。

 別の関係者がこう解説する。
「所属事務所がテレビ局にギャラアップを申し入れてきたんです。ブレークしたばかりの昨年末までは一般的な芸人と同レベルの1回7万~10万円だったものを、ハリセンボンクラスの人気芸人に並ぶ20万円にしてくれと言い出したそうです。しかも『朱美ちゃん以外のネタで』とか『ひな壇に扮装なしの素顔で出してくれ』と言ったものだから、番組側もオファーを見送るケースが増えた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  8. 8

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  9. 9

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る