TV露出激減 エレキテル連合の首絞める強気のギャラ交渉

公開日:  更新日:

「ダメよ~ダメダメ」で大ブレークし、月間テレビ出演55本、流行語大賞受賞、紅白出演など、一躍、売れっ子芸人の座に上り詰めた日本エレキテル連合。しかし、最近、テレビで見る機会が明らかに減っている。

「彼女たちが評価されたのは“ダメよ~”の朱美ちゃんコントだけではないネタの豊富さもあった。それが証拠にDVDも売れているし、彼女らがアップしているユーチューブの月間動画再生回数は今でも400万回に迫る勢いで、決して人気が衰えたわけではない」(テレビ局関係者)というが、ではなぜ、テレビ出演が減ったのか。

 別の関係者がこう解説する。
「所属事務所がテレビ局にギャラアップを申し入れてきたんです。ブレークしたばかりの昨年末までは一般的な芸人と同レベルの1回7万~10万円だったものを、ハリセンボンクラスの人気芸人に並ぶ20万円にしてくれと言い出したそうです。しかも『朱美ちゃん以外のネタで』とか『ひな壇に扮装なしの素顔で出してくれ』と言ったものだから、番組側もオファーを見送るケースが増えた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る