竹内結子の“欲張り”な願い 引退後は「世界一周の船旅に…」

公開日:  更新日:

 日本の芸能界を支えるトップ女優の口から、まさかの“引退「後」構想”が飛び出した。7日に開かれた映画「インサイド・ヘッド」(18日公開)のPRイベントでのこと。同映画の日本語吹き替え版の声優を務めた竹内結子(35)が、七夕にちなんで自分の願い事を発表。短冊に書かれたその願いとは、〈世界一周の船旅に行けますように。〉

 その理由が……。

「欲張りでスミマセン。この仕事を引退する日が来たら、船旅に行こうと思っていて。そのために筋トレしています。いっぱい遊びたいことがあるので元気でいないと」

 15歳の時、原宿でスカウトされてデビューした竹内だが、来年はもう芸歴20年目だ。NHK朝ドラ「あすか」で和菓子職人を目指すヒロインを演じて注目を浴びたのも15年以上前の話。私生活では結婚、出産、離婚を経験したことも“芸の肥やし”になっているのだろう。いまや年齢以上の貫禄と演技の幅を感じさせる実力派女優のひとりである。

 この日のイベント終了時には欲望丸出しの願い事をバツが悪そうに振り返り、「来年はもっとみんなのことをお願いできますように」と、苦笑い。本当は新しい“彦星さま”希望だったのでは!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る