千原ジュニアは角質ケア お笑い界に“女子力男子”大増殖の裏

公開日:  更新日:

 7日、千原ジュニア(41)が「シンデレラをさがせ!! 足裏美人シンデレラお披露目イベント」に出席した。シンデレラ役の一般女性をエスコートする「王子様」姿で登場したが、私生活は華やかな衣装とは真逆だそうで、「インフルエンザで薬をのむため、ひとりでカップヌードルを作っているときは涙が出てきた。最近は『セブン―イレブン』(の商品)がすごいんですよ。サラダと魚の煮付けにハマっている」と嘆いていた。

 芸人といえば“女遊びも芸の肥やし”とばかりに、男性的なイメージが強いが、最近は芸人の世界も「草食化」が進行している。例えば、「NON STYLE」井上裕介(35)は「週1ペースでエステ通い」、「ロバート」馬場裕之(36)は「ぬか漬けとレモン栽培が日課」「日傘と炭酸水を持参」といった具合。顔のパックやアロマキャンドルをネタにして“おまえ、女子じゃねえだろ!”とツッコまれるのがおなじみの「ハマカーン」神田伸一郎(38)は当たり前すぎてすっかり目立たなくなった。この日、ジュニアが出演したのも足の角質をキレイにするグッズイベント。本人も愛用しているというから、立派な「女子力男子」芸人だ。吉本関係者が大増殖のウラをこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る