• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

前相撲診療所長の林盈六さん 当時の条件は「大関待遇だった」

 脳卒中などの生活習慣病で50代で世を去る親方も少なくなく、かつての元力士は寿命が短かった。健康診断といっても身長と体重を検査するだけ、なんて時代もあったらしい。そこに血液検査など近代的な医学的測定を取り入れたのが前相撲診療所所長の林盈六さんだ。力士の健康が話題になると、決まって林さんのコメントがマスコミ紙面に載った。今どうしているのか。

■東大から出向の形で勤務していた

 林さんと会ったのは二子山部屋の元小結三杉里関がやっている、JR中野駅にほど近い整体治療院「ごっつハンド」。

「三杉里とは現役時代、さほど親しかったわけじゃないんだけど、数年前、相撲雑誌を読んでたら、三杉里が中野で整体院を切り盛りしてて、しかも“ゴッドハンド”と呼ばれるスゴ腕と書いてあるじゃないか。オレも後期高齢者。人間、体の手入れをしないと、どんどん老化が進むからね。で、以来、週に1回通ってるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る