前相撲診療所長の林盈六さん 当時の条件は「大関待遇だった」

公開日:  更新日:

 脳卒中などの生活習慣病で50代で世を去る親方も少なくなく、かつての元力士は寿命が短かった。健康診断といっても身長と体重を検査するだけ、なんて時代もあったらしい。そこに血液検査など近代的な医学的測定を取り入れたのが前相撲診療所所長の林盈六さんだ。力士の健康が話題になると、決まって林さんのコメントがマスコミ紙面に載った。今どうしているのか。

■東大から出向の形で勤務していた

 林さんと会ったのは二子山部屋の元小結三杉里関がやっている、JR中野駅にほど近い整体治療院「ごっつハンド」。

「三杉里とは現役時代、さほど親しかったわけじゃないんだけど、数年前、相撲雑誌を読んでたら、三杉里が中野で整体院を切り盛りしてて、しかも“ゴッドハンド”と呼ばれるスゴ腕と書いてあるじゃないか。オレも後期高齢者。人間、体の手入れをしないと、どんどん老化が進むからね。で、以来、週に1回通ってるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る