93年世陸マラソン「金」 浅利純子さんは3人の男の子の母親に

公開日:  更新日:

 来月、中国・北京で開催される世界陸上競技選手権。本日登場の浅利純子さん(45)は、1993年の世界陸上のマラソンで優勝。ワールドクラスの大会で日本女子陸上選手として初めての金メダリストになった。また、95年の東京国際女子マラソンでは途中で転倒。先頭から60メートル余り離されたにもかかわらず、逆転優勝したレースも印象深い。浅利さん、今どうしているのか。

「結婚の翌年、37歳の時に長男が生まれ、次男、三男と続いた。結婚当初はトシもトシでしたから、あんまり期待してなかっただけに、よもや42歳で三男を産むなんて思ってもいませんでした」

 秋田県は鹿角市内のレストランで会った浅利さん、こう言って微笑した。

「男の子だから、散らかしっぱなしの汚しっぱなし。後ろを追いかけながら片づけに追われ、毎日、洗濯や家事にてんてこ舞いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る