• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

93年世陸マラソン「金」 浅利純子さんは3人の男の子の母親に

 来月、中国・北京で開催される世界陸上競技選手権。本日登場の浅利純子さん(45)は、1993年の世界陸上のマラソンで優勝。ワールドクラスの大会で日本女子陸上選手として初めての金メダリストになった。また、95年の東京国際女子マラソンでは途中で転倒。先頭から60メートル余り離されたにもかかわらず、逆転優勝したレースも印象深い。浅利さん、今どうしているのか。

「結婚の翌年、37歳の時に長男が生まれ、次男、三男と続いた。結婚当初はトシもトシでしたから、あんまり期待してなかっただけに、よもや42歳で三男を産むなんて思ってもいませんでした」

 秋田県は鹿角市内のレストランで会った浅利さん、こう言って微笑した。

「男の子だから、散らかしっぱなしの汚しっぱなし。後ろを追いかけながら片づけに追われ、毎日、洗濯や家事にてんてこ舞いです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  9. 9

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る