シドニー五輪で涙のんだ女子マラソン弘山晴美さんの引退後

公開日:  更新日:

 8月に北京で開催される世界陸上。女子マラソン代表選手の選考で横浜国際で優勝した田中智美選手が落選し疑問の声が上がった。15年前のシドニー五輪の選考でも同様の件があった。涙をのんだのが弘山晴美さん(46歳)だ。今どうしているのか。

 会ったのは地下鉄・代々木公園駅に近いマンションの一室。株式会社エボーリュの事務所だ。09年、40歳で走った東京マラソンを最後に現役引退した弘山さんは13年3月に所属した資生堂を退社し、同社の社長に就いた。

「市民ランナーのレッスンや“RUNNING TOWN”というランナーのための情報サイトの運営をメーンにしてます。社員は5人。この会社はダンナ(元資生堂ランニングクラブ監督で、晴美さんのコーチだった勉氏)が去年7月末につくり、この4月からワタシが社長を引き継ぎました。ダンナが筑波大学陸上部長距離のコーチになり、向こうに行くことが多くなりましてね。で、ワタシにとっても初めてのことなので、ダンナと相談してやってます。子供がまだ5歳とちっちゃいから、子育て6、仕事4という感じ。ここに来るのは週何回か、です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る