赤井英和と伝説の一戦 “和製ハグラー”大和田正春さんは今

公開日: 更新日:

 ちょうど30年前、今は俳優として活躍し、当時は“浪速のロッキー”と呼ばれ、ウエルター級の世界王者を目指していた赤井英和をKOで破り、引退に追い込んだハードパンチャーがいた。褐色の肌に、スキンヘッドに口ひげという風貌から、付いたニックネームが“和製マービン・ハグラー”。大和田正春さん(54)は今、どうしているのか。

「ウチは電車の駆動系部品とか電子部品、精密医療機器、それにプラスチック製品やアルミ製品の表面加工処理をやるメッキ加工会社なんだ。定時制高校進学と同時に、当時は板橋区熊野町にあったこの会社に入社しただろう。つまり、勤続して38年になる。ベテラン社員だね、ハハハ」

 埼玉県狭山市の西武新宿線狭山市駅からクルマで10分の高松電鍍工業で会った大和田さん、まずはこう言った。名刺には「製造部 次長」とある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る