日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

赤井英和と伝説の一戦 “和製ハグラー”大和田正春さんは今

 ちょうど30年前、今は俳優として活躍し、当時は“浪速のロッキー”と呼ばれ、ウエルター級の世界王者を目指していた赤井英和をKOで破り、引退に追い込んだハードパンチャーがいた。褐色の肌に、スキンヘッドに口ひげという風貌から、付いたニックネームが“和製マービン・ハグラー”。大和田正春さん(54)は今、どうしているのか。

「ウチは電車の駆動系部品とか電子部品、精密医療機器、それにプラスチック製品やアルミ製品の表面加工処理をやるメッキ加工会社なんだ。定時制高校進学と同時に、当時は板橋区熊野町にあったこの会社に入社しただろう。つまり、勤続して38年になる。ベテラン社員だね、ハハハ」

 埼玉県狭山市の西武新宿線狭山市駅からクルマで10分の高松電鍍工業で会った大和田さん、まずはこう言った。名刺には「製造部 次長」とある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事