NHK「あさイチ」敏腕記者ヤナギーに“第2の池上彰”の可能性

公開日:  更新日:

「そうそう、この人はこう使うべきだよ」――16日の「あさイチ」(NHK)を見ていた大方の読者はこう思ったに違いない。いつもはイノッチの横でヘラヘラしている柳澤秀夫解説委員(61)のことだ。この日は「どうなの?ヤナギー」というミニコーナーに「敏腕記者・ヤナギー」として登場し、前日、与党が強行採決した「安保法制」について簡単な解説をしていた。

「記者時代は外信部で鳴らし、特に湾岸戦争時(1990年)は、戦争終結後もイラクに残って貴重なリポートを送り続けた“伝説の記者”なのです。00年に解説委員になってからも中東情勢の専門家として9.11テロやアフガン戦争などを詳しく分析していた。イノッチの横で相づちを打っているだけではもったいない人材なのです」(テレビ関係者)

「敏腕記者ヤナギー」のコーナーは今年から始まり、当初は「おしえて!ヤナギー」だったが、柳澤本人が「教えるなんておこがましい。皆さんと一緒に考えたい」として途中から「どうなの?」に変更。これまで、「イスラム国」「ギリシャ危機」などを不定期に解説している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る