• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK「あさイチ」敏腕記者ヤナギーに“第2の池上彰”の可能性

「そうそう、この人はこう使うべきだよ」――16日の「あさイチ」(NHK)を見ていた大方の読者はこう思ったに違いない。いつもはイノッチの横でヘラヘラしている柳澤秀夫解説委員(61)のことだ。この日は「どうなの?ヤナギー」というミニコーナーに「敏腕記者・ヤナギー」として登場し、前日、与党が強行採決した「安保法制」について簡単な解説をしていた。

「記者時代は外信部で鳴らし、特に湾岸戦争時(1990年)は、戦争終結後もイラクに残って貴重なリポートを送り続けた“伝説の記者”なのです。00年に解説委員になってからも中東情勢の専門家として9.11テロやアフガン戦争などを詳しく分析していた。イノッチの横で相づちを打っているだけではもったいない人材なのです」(テレビ関係者)

「敏腕記者ヤナギー」のコーナーは今年から始まり、当初は「おしえて!ヤナギー」だったが、柳澤本人が「教えるなんておこがましい。皆さんと一緒に考えたい」として途中から「どうなの?」に変更。これまで、「イスラム国」「ギリシャ危機」などを不定期に解説している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る