いよいよ見放され…辻希美「炎上商法」に迫られる“次の一手”

公開日: 更新日:

【連載コラム「2015年上半期ネット炎上事件簿」】

 うっかりしていて、かつ同性から好かれない炎上の常連といえば、辻希美(28)をおいてほかにない。

 あまりに炎上するため、もはや炎上商法すら疑われている辻だが、2月1日のブログに掲載した画像は、どうやら本当にうっかりしていたようだ。

 ブログ記事は、3人の子供たちが、100円均一ショップで買ってきた玩具の銃で「戦いごっこをして遊び」、部屋が散らかって片付けが大変だというもの。子供たちが互いに銃を別の子供に向け、狙い撃ちをしてはしゃぐ5枚の画像に、それぞれ「Yeah!」とイラストが添えられていた。

 ところが、この日の日本時間午前5時ごろ、イスラム国に拘束されていた日本人ジャーナリスト、後藤健二さんを殺害したとする動画がネットにアップされていた。ブログの更新が23時だったことから、ネット中で辻を批判する書き込みが噴出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る