いよいよ見放され…辻希美「炎上商法」に迫られる“次の一手”

公開日:  更新日:

【連載コラム「2015年上半期ネット炎上事件簿」】

 うっかりしていて、かつ同性から好かれない炎上の常連といえば、辻希美(28)をおいてほかにない。

 あまりに炎上するため、もはや炎上商法すら疑われている辻だが、2月1日のブログに掲載した画像は、どうやら本当にうっかりしていたようだ。

 ブログ記事は、3人の子供たちが、100円均一ショップで買ってきた玩具の銃で「戦いごっこをして遊び」、部屋が散らかって片付けが大変だというもの。子供たちが互いに銃を別の子供に向け、狙い撃ちをしてはしゃぐ5枚の画像に、それぞれ「Yeah!」とイラストが添えられていた。

 ところが、この日の日本時間午前5時ごろ、イスラム国に拘束されていた日本人ジャーナリスト、後藤健二さんを殺害したとする動画がネットにアップされていた。ブログの更新が23時だったことから、ネット中で辻を批判する書き込みが噴出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る