• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いよいよ見放され…辻希美「炎上商法」に迫られる“次の一手”

【連載コラム「2015年上半期ネット炎上事件簿」】

 うっかりしていて、かつ同性から好かれない炎上の常連といえば、辻希美(28)をおいてほかにない。

 あまりに炎上するため、もはや炎上商法すら疑われている辻だが、2月1日のブログに掲載した画像は、どうやら本当にうっかりしていたようだ。

 ブログ記事は、3人の子供たちが、100円均一ショップで買ってきた玩具の銃で「戦いごっこをして遊び」、部屋が散らかって片付けが大変だというもの。子供たちが互いに銃を別の子供に向け、狙い撃ちをしてはしゃぐ5枚の画像に、それぞれ「Yeah!」とイラストが添えられていた。

 ところが、この日の日本時間午前5時ごろ、イスラム国に拘束されていた日本人ジャーナリスト、後藤健二さんを殺害したとする動画がネットにアップされていた。ブログの更新が23時だったことから、ネット中で辻を批判する書き込みが噴出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る