ビジネス上手は血統か 千秋は年商50億円の“ママタレ女王”

公開日:  更新日:

 芸能界ママ友派閥で最強を誇る神田うのの「うの会」にとって最大のライバルが千秋(43)だ。何しろ千秋の“ビジネスママ”ぶりは、うのと比べても桁違いに優秀なのだ。

 ママビジネスのスタートは長女出産(03年)の翌年に、子供服ブランド「リボンキャスケット」を立ち上げたこと。創業10年を超えた同ブランドは今や年商50億円規模に成長している。

「芸能人の名前貸しブランドが多い中、千秋は会議にも出席し、海外買い付けも自分でする。何回洗っても色落ちやヨレがない品質のよい子供服を安く提供するという狙いもハッキリしている。さらに、ベビー服だけでなく、家族お揃いで着られる服も一緒に作ったというので、子供服業界関係者も舌を巻いています」(女性誌ライター)

 さらに12年にラスベガスにオープンさせたパワーストーンのブランド「Love Stone」は年商8億円前後。また、ネットゲームのキャラクター向けアイテムもプロデュースし、これもかなりの売り上げになるという。そのほかにも企業とのコラボ商品も多数プロデュースしている凄腕なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る