熱愛報道の小泉進次郎氏 お相手と舌鼓の高級寿司食べてみた

公開日:  更新日:

“政界のプリンス”こと小泉進次郎氏(34)の熱愛スキャンダル。日刊ゲンダイは、進次郎がホテルでの逢瀬の前にパートナーの女性と舌鼓を打ったという高級寿司屋に“突撃”した。もちろん、やじ馬根性である。

 寿司屋は指紋認証付きの会員制。ただし、ランチタイムは指紋認証が「オフ」になる。「5000円から」というハードルさえ乗り越えれば誰でも行けるのだ。

 店は表参道の路地にある。知っていなければ素通りしてしまうほどの、こぢんまりとしたたたずまいだ。戸を開けると、店内はカウンター6席と個室が1つ。気さくな板長がカウンター席に案内してくれた。六本木のIT社長や芸能関係者がお忍びで利用するというのもうなずける。

 肝心の寿司は、中トロ、光り物、白身魚が1貫ずつ供される。中でも美味だったのは青森産の中トロだ。脂がのっているが、しつこくない。シャリも口の中でハラリとほどけていく。間に趣向を凝らした小鉢などを挟み、デザートが付いて全20品。会計は9800円だった。夜は1万5000円からで、「2人で10万円も当たり前」(事情通)というから、とてもフラリとは立ち寄れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る