日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福島知事選に向け父親の“露払い” 小泉進次郎と官邸の距離

 9月第1週の内閣改造人事。焦点の石破幹事長並みに注目を集めるのが、党内きっての人気者、小泉進次郎氏(33)の処遇だ。

 現在、復興政務官を務める進次郎は通常国会の閉会後、精力的に被災地詣でをこなしている。7月以降、計8日間にわたって被災3県に足を運び、大半を福島訪問に費やした。今週4日も会津に出張し、9日には、いわき市の「ハイスクールサミットin東北」に出席。
 ハイペースな福島行脚に加え、発言もかなり“挑発的”だ。原発再稼働に動く安倍政権に異議を唱えてばかりいる。

 4日の会津での講演では「本当にあの事故から学んでいるかと思うことがいっぱいある」と安倍政権の原発推進策に苦言を呈した。

「先月末に10月の福島県知事選の争点となる福島第2原発の廃炉について、記者団に聞かれた時も同様でした。安倍官邸は<電気事業者が判断する>と自らの見解を避けているのに、進次郎氏は<廃炉以外ない>とキッパリ。原発政策を巡って、明らかに安倍政権と距離を置きつつあります」(自民党関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事