滋賀知事選で応援 小泉進次郎は「脱原発」「自衛権」に触れず

公開日:  更新日:

 解釈改憲のゴリ押しで、“勝てる選挙”のはずだった滋賀県知事選(7月13日投開票)で一転、安倍自民党の推薦候補が劣勢に立たされている。決戦の週末を前に人気者の小泉進次郎復興政務官を投入し、巻き返しに必死だ。

 10日、現地入りした進次郎氏は彦根駅前と南草津駅前で応援演説。自公推薦の小鑓隆史候補(47)とは父子家庭で育った共通点があるとかで、小鑓候補は新聞配達をした苦労人だと持ち上げ、「小鑓の<やり>は思いやりの<やり>」などと、得意の人情トークで聴衆を盛り上げた。が、争点の原発再稼働にも集団的自衛権にも一切触れずじまい。

■追及するとスタッフが「警察呼びますよ」

「彦根駅前で演説後、<なぜ原発や再稼働に触れないのか>と尋ねると、<残り3日間頑張るだけです>とはぐらかし、<集団的自衛権にも触れなかったですね>と振ると、ダンマリを決め込みました」(現地取材中のジャーナリスト・横田一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る