早くも“NHK御用達女優” 黒島結菜が備える「ブレークの条件」

公開日:  更新日:

 難役に挑む新進女優に目を奪われた人は多かったのではないか。10日放送の戦後70年ドラマ「一番電車が走った」(NHK)で、主人公を演じた黒島結菜(18)。広島を舞台に原爆投下の3日後から運行した路面電車の少女運転士役を、“目力”全開で熱演していた。

 実は彼女、朝ドラ「マッサン」をはじめ、NHK大河「花燃ゆ」では高杉晋作の妻役、受信料制度にまつわるCM「受信寮の人々」にも起用される“NHK御用達女優”のひとりなのだ。

 日本郵便やみずほ銀行といった金融系のCMに起用されてきただけに、好感度の高さは証明済みだが、これまでの活動歴はざっとこんな感じ。事務所の先輩で、若手演技派の筆頭格である二階堂ふみ(20)と同じ、沖縄出身。デビューの形態も同様で、素人の美少女が表紙を飾るフリーペーパー「美少女図鑑」沖縄版で注目を浴び、賞を受賞したことで芸能界入り。今春から上京し、都内の有名大学に通いながら、芸能活動も本格化したばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る