早くも“NHK御用達女優” 黒島結菜が備える「ブレークの条件」

公開日:  更新日:

 難役に挑む新進女優に目を奪われた人は多かったのではないか。10日放送の戦後70年ドラマ「一番電車が走った」(NHK)で、主人公を演じた黒島結菜(18)。広島を舞台に原爆投下の3日後から運行した路面電車の少女運転士役を、“目力”全開で熱演していた。

 実は彼女、朝ドラ「マッサン」をはじめ、NHK大河「花燃ゆ」では高杉晋作の妻役、受信料制度にまつわるCM「受信寮の人々」にも起用される“NHK御用達女優”のひとりなのだ。

 日本郵便やみずほ銀行といった金融系のCMに起用されてきただけに、好感度の高さは証明済みだが、これまでの活動歴はざっとこんな感じ。事務所の先輩で、若手演技派の筆頭格である二階堂ふみ(20)と同じ、沖縄出身。デビューの形態も同様で、素人の美少女が表紙を飾るフリーペーパー「美少女図鑑」沖縄版で注目を浴び、賞を受賞したことで芸能界入り。今春から上京し、都内の有名大学に通いながら、芸能活動も本格化したばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る