• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新CMが話題も心配の声…窮状続く能年玲奈の寂しいブログ

 所属事務所からの独立騒動で“開店休業”状態の女優・能年玲奈(22)が出演している新CMが話題だ。27日から始まった「かんぽ生命保険」のテレビCMで、この内容が実に意味深なのだ。

 CMでは、生き方に悩む能年に対し、「人生には山と谷がある」「迷ったら面白い方を選べばいいのではないでしょうか」などのアドバイスが送られる。能年の現状を象徴するようなストーリーに、ネット上では<早く解決すればいいのに><本当に最後のCMになるかも>など、能年の今後を案じる書き込みが相次いでいる。

 一部メディアが、能年と所属事務所との和解は難しく、契約満了の来年6月以降は芸能界追放もあり得ると報じるなど、状況は日に日に厳しさを増すばかり。唯一の情報発信手段とも言えるブログからも、その窮状がありありだ。

 能年が7月にアップした10回のブログ記事で、仕事に関するものは、主演した映画「海月姫」のDVD発売とラジオ出演についてのみ。新たな撮影などに関する書き込みはなく、「ママと妹から洋服と帽子をプレゼントされた」「色つきのチョコレートを食べていたら舌が緑色になった」「美味しいスコーンを食べた」「アイスを食べた」「禿ヅラを被ってみた」など、日常を報告するものばかりである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る