「動いた」小林幸子と「耐えた」田原俊彦 芸能人に学ぶ危機管理

公開日:  更新日:

【連載コラム「芸能界クロスロード」】

 昔、「手売り」の演歌歌手は普通にいた。夜の街頭で歌いながら自らのレコード(CD)を売る。スナックなどのお店に入り、酔っぱらい相手に歌を披露して売る歌手もいた。それだけで延べ1万枚売る歌手もいたそうだ。

 そんな時代を知る小林幸子が同人誌即売会「コミックマーケット」でミニアルバム、2500枚を1日で売り切った。形の違いはあれ、ある種の手売り。「1000枚売るのがやっと」といわれる演歌氷河期に自身の手でCDを売る小林。その原動力は3年前、女性社長解任騒動を起こし、業界内からもバッシングを受けたことにあると思う。

 長年にわたりNHK「紅白」の顔として人気を博した小林だったが、騒動が原因となり(?)落選。いまだに復活できずにいるが、新たな道筋を確立している。“ニコニコ動画”とのコラボで演歌とは無縁の若者との交流を図るなど精力的に動いていた。体を張った小林を若者たちは支持。今や「ラスボス」と呼んで人気を博している。大手事務所のサポートを受けず、夫と二人三脚の個人事務所だからこそできたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る