「動いた」小林幸子と「耐えた」田原俊彦 芸能人に学ぶ危機管理

公開日:  更新日:

【連載コラム「芸能界クロスロード」】

 昔、「手売り」の演歌歌手は普通にいた。夜の街頭で歌いながら自らのレコード(CD)を売る。スナックなどのお店に入り、酔っぱらい相手に歌を披露して売る歌手もいた。それだけで延べ1万枚売る歌手もいたそうだ。

 そんな時代を知る小林幸子が同人誌即売会「コミックマーケット」でミニアルバム、2500枚を1日で売り切った。形の違いはあれ、ある種の手売り。「1000枚売るのがやっと」といわれる演歌氷河期に自身の手でCDを売る小林。その原動力は3年前、女性社長解任騒動を起こし、業界内からもバッシングを受けたことにあると思う。

 長年にわたりNHK「紅白」の顔として人気を博した小林だったが、騒動が原因となり(?)落選。いまだに復活できずにいるが、新たな道筋を確立している。“ニコニコ動画”とのコラボで演歌とは無縁の若者との交流を図るなど精力的に動いていた。体を張った小林を若者たちは支持。今や「ラスボス」と呼んで人気を博している。大手事務所のサポートを受けず、夫と二人三脚の個人事務所だからこそできたのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る