初の「CMソング」をゲット 田原俊彦に“完全復活”の気配

公開日:  更新日:

 これをもって「トシちゃん、完全復活か」――田原俊彦(54)が南海電鉄のCMソング「愛が、多すぎる」を歌うことになったという。CMソングを歌うのは初めてだそうで、31日行われたCM発表会では歌のタイトルにひっかけて「愛が多すぎる生活ですか?」という質問を受け、「いや~、愛が多すぎて腰が痛くなっちゃって」と言いつつ腰を前後に激しく動かし、取材陣を笑わせた。

 田原といえば、誰もが真っ先に思い出すのが例の「ビッグ発言」だ。94年、長女が生まれたことをマスコミに追い掛け回され、「僕みたいにビッグになると」とやって周囲から総スカン。以来、テレビ・ラジオから締め出され、転落の一途をたどっていた。一時期、タモリとの関係で「笑っていいとも!」にコーナー出演していたことはあったが、完全解禁とはいかなかった。

「転機が訪れたのは3年ぐらい前から。爆笑問題が司会をする『爆報!フライデー』にスペシャルMCとして登場し、爆笑の田中にイジられて徐々に世間の見方も変わってきてはいた。それでも、企業イメージを大事にする大企業からはCM起用されず、せいぜい企業イベントでオヤジギャグを飛ばす程度だったのです」(プロダクション関係者)

 それがようやく、CMソングに。かつては「江崎グリコ」「ライオン」「ハウス食品」などアイドルCMの常連だったトシちゃん。これをきっかけに「完全復活」といきますか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る