初の「CMソング」をゲット 田原俊彦に“完全復活”の気配

公開日: 更新日:

 これをもって「トシちゃん、完全復活か」――田原俊彦(54)が南海電鉄のCMソング「愛が、多すぎる」を歌うことになったという。CMソングを歌うのは初めてだそうで、31日行われたCM発表会では歌のタイトルにひっかけて「愛が多すぎる生活ですか?」という質問を受け、「いや~、愛が多すぎて腰が痛くなっちゃって」と言いつつ腰を前後に激しく動かし、取材陣を笑わせた。

 田原といえば、誰もが真っ先に思い出すのが例の「ビッグ発言」だ。94年、長女が生まれたことをマスコミに追い掛け回され、「僕みたいにビッグになると」とやって周囲から総スカン。以来、テレビ・ラジオから締め出され、転落の一途をたどっていた。一時期、タモリとの関係で「笑っていいとも!」にコーナー出演していたことはあったが、完全解禁とはいかなかった。

「転機が訪れたのは3年ぐらい前から。爆笑問題が司会をする『爆報!フライデー』にスペシャルMCとして登場し、爆笑の田中にイジられて徐々に世間の見方も変わってきてはいた。それでも、企業イメージを大事にする大企業からはCM起用されず、せいぜい企業イベントでオヤジギャグを飛ばす程度だったのです」(プロダクション関係者)

 それがようやく、CMソングに。かつては「江崎グリコ」「ライオン」「ハウス食品」などアイドルCMの常連だったトシちゃん。これをきっかけに「完全復活」といきますか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

もっと見る