• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初の「CMソング」をゲット 田原俊彦に“完全復活”の気配

 これをもって「トシちゃん、完全復活か」――田原俊彦(54)が南海電鉄のCMソング「愛が、多すぎる」を歌うことになったという。CMソングを歌うのは初めてだそうで、31日行われたCM発表会では歌のタイトルにひっかけて「愛が多すぎる生活ですか?」という質問を受け、「いや~、愛が多すぎて腰が痛くなっちゃって」と言いつつ腰を前後に激しく動かし、取材陣を笑わせた。

 田原といえば、誰もが真っ先に思い出すのが例の「ビッグ発言」だ。94年、長女が生まれたことをマスコミに追い掛け回され、「僕みたいにビッグになると」とやって周囲から総スカン。以来、テレビ・ラジオから締め出され、転落の一途をたどっていた。一時期、タモリとの関係で「笑っていいとも!」にコーナー出演していたことはあったが、完全解禁とはいかなかった。

「転機が訪れたのは3年ぐらい前から。爆笑問題が司会をする『爆報!フライデー』にスペシャルMCとして登場し、爆笑の田中にイジられて徐々に世間の見方も変わってきてはいた。それでも、企業イメージを大事にする大企業からはCM起用されず、せいぜい企業イベントでオヤジギャグを飛ばす程度だったのです」(プロダクション関係者)

 それがようやく、CMソングに。かつては「江崎グリコ」「ライオン」「ハウス食品」などアイドルCMの常連だったトシちゃん。これをきっかけに「完全復活」といきますか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る