初の「CMソング」をゲット 田原俊彦に“完全復活”の気配

公開日: 更新日:

 これをもって「トシちゃん、完全復活か」――田原俊彦(54)が南海電鉄のCMソング「愛が、多すぎる」を歌うことになったという。CMソングを歌うのは初めてだそうで、31日行われたCM発表会では歌のタイトルにひっかけて「愛が多すぎる生活ですか?」という質問を受け、「いや~、愛が多すぎて腰が痛くなっちゃって」と言いつつ腰を前後に激しく動かし、取材陣を笑わせた。

 田原といえば、誰もが真っ先に思い出すのが例の「ビッグ発言」だ。94年、長女が生まれたことをマスコミに追い掛け回され、「僕みたいにビッグになると」とやって周囲から総スカン。以来、テレビ・ラジオから締め出され、転落の一途をたどっていた。一時期、タモリとの関係で「笑っていいとも!」にコーナー出演していたことはあったが、完全解禁とはいかなかった。

「転機が訪れたのは3年ぐらい前から。爆笑問題が司会をする『爆報!フライデー』にスペシャルMCとして登場し、爆笑の田中にイジられて徐々に世間の見方も変わってきてはいた。それでも、企業イメージを大事にする大企業からはCM起用されず、せいぜい企業イベントでオヤジギャグを飛ばす程度だったのです」(プロダクション関係者)

 それがようやく、CMソングに。かつては「江崎グリコ」「ライオン」「ハウス食品」などアイドルCMの常連だったトシちゃん。これをきっかけに「完全復活」といきますか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る