ドラマ引っ張りだこ 新井浩文が重宝される「死んだ目の演技」

公開日: 更新日:

 各テレビ局が新キャストを立てて臨んだ夏ドラもいよいよ中盤。ドラマを背負って立つ主役を陰で支える名脇役の中には、同クールの他局のドラマにも出演している「掛け持ち俳優」が意外と多い。「ど根性ガエル」(日本テレビ系)でゴリライモを演じる新井浩文も、このところ掛け持ち出演が続く人気の名脇役だ。

 前クールでは木村拓哉主演の「アイムホーム」(テレビ朝日系)とNHK「64(ロクヨン)」に掛け持ち出演していたが、今クールでも「ど根性ガエル」のほかに、8月10日放送の「一番電車が走った」(NHK)に出演。おまけに、7月公開で大ヒット中の映画「HERO」で大騒動の発端となる交通事故の加害者を演じているうえ、4月に公開された映画「寄生獣 完結編」では異常者を演じるなど、今年だけで5本の映画に出演している。

「リアルな演技力は映画・ドラマ関係者の間で非常に評価が高い。特に演技が難しいとされる“生気のない死んだ目の演技”ができる貴重な俳優といわれ、引っ張りだこです」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る