ドラマ引っ張りだこ 新井浩文が重宝される「死んだ目の演技」

公開日: 更新日:

 各テレビ局が新キャストを立てて臨んだ夏ドラもいよいよ中盤。ドラマを背負って立つ主役を陰で支える名脇役の中には、同クールの他局のドラマにも出演している「掛け持ち俳優」が意外と多い。「ど根性ガエル」(日本テレビ系)でゴリライモを演じる新井浩文も、このところ掛け持ち出演が続く人気の名脇役だ。

 前クールでは木村拓哉主演の「アイムホーム」(テレビ朝日系)とNHK「64(ロクヨン)」に掛け持ち出演していたが、今クールでも「ど根性ガエル」のほかに、8月10日放送の「一番電車が走った」(NHK)に出演。おまけに、7月公開で大ヒット中の映画「HERO」で大騒動の発端となる交通事故の加害者を演じているうえ、4月に公開された映画「寄生獣 完結編」では異常者を演じるなど、今年だけで5本の映画に出演している。

「リアルな演技力は映画・ドラマ関係者の間で非常に評価が高い。特に演技が難しいとされる“生気のない死んだ目の演技”ができる貴重な俳優といわれ、引っ張りだこです」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    G岩隈 ようやく二軍の実戦初登板でも“来季現役続行”のワケ

  8. 8

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る