• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ引っ張りだこ 新井浩文が重宝される「死んだ目の演技」

 各テレビ局が新キャストを立てて臨んだ夏ドラもいよいよ中盤。ドラマを背負って立つ主役を陰で支える名脇役の中には、同クールの他局のドラマにも出演している「掛け持ち俳優」が意外と多い。「ど根性ガエル」(日本テレビ系)でゴリライモを演じる新井浩文も、このところ掛け持ち出演が続く人気の名脇役だ。

 前クールでは木村拓哉主演の「アイムホーム」(テレビ朝日系)とNHK「64(ロクヨン)」に掛け持ち出演していたが、今クールでも「ど根性ガエル」のほかに、8月10日放送の「一番電車が走った」(NHK)に出演。おまけに、7月公開で大ヒット中の映画「HERO」で大騒動の発端となる交通事故の加害者を演じているうえ、4月に公開された映画「寄生獣 完結編」では異常者を演じるなど、今年だけで5本の映画に出演している。

「リアルな演技力は映画・ドラマ関係者の間で非常に評価が高い。特に演技が難しいとされる“生気のない死んだ目の演技”ができる貴重な俳優といわれ、引っ張りだこです」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る