コンビ格差どころか…俳優路線も見えてきた「ピース」の好調

公開日:  更新日:

「芥川賞作家・又吉センセイ」の誕生からちょうど1カ月が経った16日、「ハイスクールマンザイ2015~H-1甲子園~」に「ピース」の2人が登場した。綾部祐二(37)が登場するやいなや「芥川賞作家の又吉センセイですよ、みなさん」と、おなじみの“芥川賞イジリ”でご挨拶。

 又吉直樹(35)は「1カ月前のことですから。いつまでも言ってられません」といつも通り笑顔で受け流すも、綾部は「H-1甲子園」の優勝賞金について説明しつつ「それから、センセイの方から印税1000万円がもらえると……」と言ったり、関東・近畿地区の代表に決まった2組に「コンビの片方が本を書くなよ!」と言ったり“舌好調”だった。

 “コンビ格差”キャラも板についてきた2人だが、綾部は来月末から始まる昼ドラの主演に抜擢されるなど、格差は徐々に是正。又吉も俳優として29日放送のドラマ「ほんとにあった怖い話・夏の特別編2015」(フジテレビ系)で主演を務め、短編映画「海酒」でも主演。世界3大映画祭への出品が決定しているこの作品は、原作者の田丸雅智氏が「作家同士」で親交のあった又吉に直接オファーしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る