コンビ格差どころか…俳優路線も見えてきた「ピース」の好調

公開日:  更新日:

「芥川賞作家・又吉センセイ」の誕生からちょうど1カ月が経った16日、「ハイスクールマンザイ2015~H-1甲子園~」に「ピース」の2人が登場した。綾部祐二(37)が登場するやいなや「芥川賞作家の又吉センセイですよ、みなさん」と、おなじみの“芥川賞イジリ”でご挨拶。

 又吉直樹(35)は「1カ月前のことですから。いつまでも言ってられません」といつも通り笑顔で受け流すも、綾部は「H-1甲子園」の優勝賞金について説明しつつ「それから、センセイの方から印税1000万円がもらえると……」と言ったり、関東・近畿地区の代表に決まった2組に「コンビの片方が本を書くなよ!」と言ったり“舌好調”だった。

 “コンビ格差”キャラも板についてきた2人だが、綾部は来月末から始まる昼ドラの主演に抜擢されるなど、格差は徐々に是正。又吉も俳優として29日放送のドラマ「ほんとにあった怖い話・夏の特別編2015」(フジテレビ系)で主演を務め、短編映画「海酒」でも主演。世界3大映画祭への出品が決定しているこの作品は、原作者の田丸雅智氏が「作家同士」で親交のあった又吉に直接オファーしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る