• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コンビ格差どころか…俳優路線も見えてきた「ピース」の好調

「芥川賞作家・又吉センセイ」の誕生からちょうど1カ月が経った16日、「ハイスクールマンザイ2015~H-1甲子園~」に「ピース」の2人が登場した。綾部祐二(37)が登場するやいなや「芥川賞作家の又吉センセイですよ、みなさん」と、おなじみの“芥川賞イジリ”でご挨拶。

 又吉直樹(35)は「1カ月前のことですから。いつまでも言ってられません」といつも通り笑顔で受け流すも、綾部は「H-1甲子園」の優勝賞金について説明しつつ「それから、センセイの方から印税1000万円がもらえると……」と言ったり、関東・近畿地区の代表に決まった2組に「コンビの片方が本を書くなよ!」と言ったり“舌好調”だった。

 “コンビ格差”キャラも板についてきた2人だが、綾部は来月末から始まる昼ドラの主演に抜擢されるなど、格差は徐々に是正。又吉も俳優として29日放送のドラマ「ほんとにあった怖い話・夏の特別編2015」(フジテレビ系)で主演を務め、短編映画「海酒」でも主演。世界3大映画祭への出品が決定しているこの作品は、原作者の田丸雅智氏が「作家同士」で親交のあった又吉に直接オファーしたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る