タモリが“電話”に持論 「テレフォンショッキング批判か」の声も

公開日: 更新日:

 6日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で、タモリ(70)が“電話”について持論を展開。視聴者の間では、かつての国民的番組の人気コーナーをめぐって熱い議論が行われている。

 この日のゲストはSMAPの香取慎吾(38)。トーク中、香取が電話番号を交換することがほとんどないと明かしたところ、タモリは「何をやってるか分からない相手に向かって電話をするってのは、大体おかしいですよ、これ」と自らの考えを披露。「電話するなら『電話する』って、前もって1本電話するとかね」とも語り、共演者を笑わせた。

 タモリが32年間司会を務めた「笑っていいとも!」といえば、翌日のゲストに電話をかける「テレフォンショッキング」が代名詞だったが、そのタモリが電話批判とあって、ネット掲示板ではさまざまな議論が交わされている。

<まさかのテレフォンショッキング批判><タモリが言うな>といった声が上がる一方、<これはテレフォンショッキングが前もってアポを取っていることを遠回しに言っている>と勘ぐるユーザーも。

 実際、タモリは以前、エッセイストの阿川佐和子さん(61)との対談の中で、同コーナーの電話は番組スタッフが事前調整を行っていたことを明かしている。

 タモリ流のブラックジョークだった?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  2. 2

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  3. 3

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    ド派手実業家「青汁王子」のマズイ素顔…反社との関係発覚

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  8. 8

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  9. 9

    巨人小林3カ月ぶり一軍 原監督はトレードする気があるのか

  10. 10

    草刈正雄 コロナ禍で考えた家族と仕事「後悔ないように」

もっと見る