タモリが“電話”に持論 「テレフォンショッキング批判か」の声も

公開日: 更新日:

 6日放送の「ヨルタモリ」(フジテレビ系)で、タモリ(70)が“電話”について持論を展開。視聴者の間では、かつての国民的番組の人気コーナーをめぐって熱い議論が行われている。

 この日のゲストはSMAPの香取慎吾(38)。トーク中、香取が電話番号を交換することがほとんどないと明かしたところ、タモリは「何をやってるか分からない相手に向かって電話をするってのは、大体おかしいですよ、これ」と自らの考えを披露。「電話するなら『電話する』って、前もって1本電話するとかね」とも語り、共演者を笑わせた。

 タモリが32年間司会を務めた「笑っていいとも!」といえば、翌日のゲストに電話をかける「テレフォンショッキング」が代名詞だったが、そのタモリが電話批判とあって、ネット掲示板ではさまざまな議論が交わされている。

<まさかのテレフォンショッキング批判><タモリが言うな>といった声が上がる一方、<これはテレフォンショッキングが前もってアポを取っていることを遠回しに言っている>と勘ぐるユーザーも。

 実際、タモリは以前、エッセイストの阿川佐和子さん(61)との対談の中で、同コーナーの電話は番組スタッフが事前調整を行っていたことを明かしている。

 タモリ流のブラックジョークだった?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  9. 9

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  10. 10

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る