• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

他局に事例…ヨルタモリ打ち切りは「シリーズ化」への布石?

 人気番組ながら、わずか1年での打ち切りが決まった「ヨルタモリ」(フジテレビ系)。視聴者からは打ち切りを惜しむ声が絶えないため、早くも復活を匂わせる報道が飛び出している。

 3日に開かれたフジテレビの10月期の番組発表会見では、宮道治朗編成部長がヨルタモリの再開について、「そういう可能性も考えながら、我々もトライしていきたい」と発言。これが報道されると、ネット上には早くも再開を期待する声が多く上がった。

 視聴者の願いがかない、タモリ(70)の人気番組の放送が再開……この展開、どこかで見たようなという気がするが……実はこれまでにも放送と打ち切りを繰り返しながら根強い人気を誇る番組が存在している。やはりタモリが出演する「ブラタモリ」(NHK)だ。

 ブラタモリは2008年12月のパイロット版の放送(1回)に続き、レギュラー放送の第1期が09年10月~10年3月。打ち切り後に寄せられた反響を受け、第2期が10年10月~11年3月まで放送された。その後も再開を望む声は尽きず、第3期が11年11月~12年4月に放送され、今年4月からは第4期に突入している。ブラタモリが何度も復活しているのだから、ヨルタモリの復活も既定路線ではと勘繰りたくなるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る