ヒロミ再ブレークも影響…「花の82年組」勝ち組は松本伊代?

公開日:  更新日:

「結局、“花の82年組”で最後に勝ち残ったのは伊代ちゃんってわけか」――プロダクション関係者がこう言った。

 コトの発端は、同じく82年組の堀ちえみ(48)が自身のブログに「今しあわせに生きているって信じてる」と書き込んだ一件。堀といえば3度目婚で7人の子持ちとして有名だが、このコメントを取り上げた女性誌によると「再々婚の時に長男、次男、三男が家を出て、以来“音信不通”になっている」のだとか。そのため、ブログを通じて子供たちに呼びかけた格好だ。そういえば、最近の堀はテレビの露出が減っているのも気にかかる。

「82年組といえば、堀、松本伊代(50)の他、小泉今日子、中森明菜、石川秀美、早見優などがいて、まさに“花の”アイドルばかりでした。このうち、爆発力でいえば明菜、小泉が圧倒的でしたが、いつしか1人去り2人去り、数年前は堀、伊代、早見の3人が“82年組”の代表的存在としてバラエティーで活躍していました」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る